信州なかがわハーフマラソン公式サイト

おもてなしの心を大切に、日本で一番温かいマラソン大会を目指します。

TEL.0265-88-2446

〒399-3802 長野県上伊那郡中川村片桐3940
有限会社シナノ体器内 実行委員会事務局

未分類

感謝状の作製

個々の実行委員の残務はまだまだ続きますが、皆で集まる10回大会最後の実行委員会を開きました。

ランネットの大会レポに寄せられた、皆様からのコメントを集約したコメント集を村内全戸配布するための、集落ごとの区分け作業や、スポンサーやボランティアの皆さんへの感謝状や企業名の入ったナンバーカードの区分け、などを行いました。

感謝状には、大会当日に参加者の皆さんに書いていただいたアンケート内の、ボランティアの皆さんへのメッセージの部分が貼付けられ、直筆のメッセージが協力してくださった方々に届けられます。

どれを貼ったらよいのか困るくらいに、びっしりとメッセージを書いていただき、あの日、ナカハマを皆さんが本当に楽しんで下さったのだなぁと、嬉しく感じました。

作業を終え、中川村文化センターの会議室を消灯して退出する瞬間、何度も通ったこの部屋も、今年もようやく一区切りなんだな、と、感慨深くなりました。

しかし大会レポのコメント集。なかなかのボリュームで読み応えあり、です。(笑)

それに、なんと今年のナカハマ、今年は、あの「東京マラソン」のコメント数を上回っているから驚きです!!

20170516_192945

20170516_193052

20170516_194642

 

ナカハマを終えて

大会から数日が経ちました。

村は何事もなかったかのように元の村に戻り、可愛らしく鯉のぼりがはためいていた牧ヶ原橋も、すっかり寂しい橋になってしまいました。

まだまだ残務処理は始まったばかりですが、なんとなく、今回の大会を振り返る余裕が出始めたので、思うことをまとめてみたいと思います。

まず、天候にも恵まれ、事故もなく、盛大に開催できたことは、何よりの出来事で、それだけでも大成功と言えるでしょう。

ランネットの大会レポの数も、「え?どうして?」と思うくらい多くの評価をいただいており、大会を楽しんでいただいた方が多かったという証であると嬉しく思っています。

ですが。。

実は当日の日には、実行委員では打ち上げ的なことはしておらず、後日ということで、いまだメンバー内でも大会後の情報交換ができておりません。恥ずかしい話ですが、名簿上は実行委員として名前が載っているのにもかかわらず、取り組みの姿勢にも個人差があり、全員が均等に達成感を感じているかというと、実際疑問があります。打ち上げを行ったとしても大会の感じ方に差が出てきそうな雰囲気は否めません。

また、ボランティアの皆さんの意識の中にも、たとえ1日だけの活動だったとしても、10年も続けていると、そろそろ大変だな、と感じる方も多少いらっしゃって、卒業していかれる方もおられます。

慣れてきて、会議が少なくて済むようになった半面で、準備が人任せになりがちで、ごく数人の実行委員に負担が集中してきている、というのが今のナカハマです。

高い評価を頂戴する半面で、その実どこの大会でも抱えている課題が、ナカハマにも当然あるわけです。

 

ナカハマでは、当初「おもてなし」という言葉を合言葉として掲げ、参加してくださる皆さんに楽しんでいただけることを主眼として回を重ねてきましたが、途中から、「わかちあい」という言葉で、参加者の皆さんとボランティアの皆さんを「つなぐ」必要を深く感じるようになりました。

あちこちで、「わかちあい」という言葉は宣伝をさせていただきましたが、それは強制をするものでもなく、純粋にレースに集中する方や、「おもてなし」を重視する参加者には、分かりにくい概念なのかも知れません。

しかし、10回という節目を迎え、ここまで来られたという安堵がある中で、今後もナカハマを重ねていくためには、ボランティアの皆さんこそが楽しんでくださるイベントにしなければならないと強く感じています。

ネットの評価でも、様々なご意見をいただいていますが、実行委員の私たちが頭を下げてお願いをしているボランティアの皆さんの目に、あまり触れさせたくないような注文も時々あったりします。開会式で、一応来賓として村長さんにもご挨拶をいただいておりますが、実際は村主催のイベントではなく、あくまでも中川ランナーズクラブというランニング愛好家のクラブが行っているイベントです。大会以外の時は、ボランティアの方とは全く平等であり、上下関係も何もないので、だからこそ、共に楽しい時間を過ごしたいと思いますし、ご足労いただいたことに対して、最大限の御礼をしたいとも思っています。

ランネットの書き込みは印刷をして村内全戸配布をさせていただいておりますし、当日皆さんに書いていただいたアンケートのボランティアさんへのメッセージは、切り取って、完走証と同じデザインの感謝状に貼り付けてボランティアの皆さんへ手渡しをしています。

しかしまだまだ、足りていないのではないかなぁ、と、感じます。そこを突破することが、今後の最大のナカハマの改善なのだと思います。

 

では、私個人的なモチベーションはどうなのでしょう? と自問してみます。

10年間、本当にいろいろなことを投入してきました。他大会の模倣に始まり、数々の専門業者さんの知恵を借り、参加者を増やすために奔走し、ずっと走り続けてきた10年間でした。最初の頃は、終わるたびに実現できなかった悔しいことが山ほどありすぎて、次の大会がとにかく待ち遠しい感じでしたが、3500人という器がいっぱいになるようになると、中身の充実により力を注ぐようになりました。

そして今年の10回大会。

反論もあろうかと思いますが、ひとまず「完成した」という実感が正直なところです。

それは、自分自身のために、やりたいと思うことはとりあえず全部やった、という感じでしょうか。

ネタが尽きた、ということなのかも知れませんが、ずっとお世話になった皆さんに、10年という同じ時間をかけて恩返しをする必要も感じていますし、後継者の育成も必要だと思っています。本業が当然ありますので、さらにエネルギーを本業に傾注する大切さも感じています。

村には充分足跡を残しましたし、今後このような盛大なイベントが村に生まれるとはあまり思えません。

なにやら、もうナカハマが終わってしまうかのような感じで書いてしまいましたが、長く続けるために、実行委員会組織の立て直しの時期にきているのではないかと、個人的には思います。

そういう意味では、自分自身もどの方向に向かうのかという岐路に立たされている感じがします。

次の準備が始まるまで、半年ほど時間がありますので、その辺りのことを、よくメンバーとも話し合おう、そんな風に思ったのがこの10回大会でした。

 

ナカハマのキャラクターは「なかはマン」ですが、ナカハマを愛する我々個人そのものこそが、「ナカハマを愛する人」という意味で、「なかはマン」だったんだと、この10回大会で気づきました。

 

 

 

皆さんありがとうございました。

今年の5月5日も、ようやく終わりました。

昨年秋からのチラシの考案から始まり、チラシやポスター配り、協賛社やボランティア集め、看板の作製、膨大な印刷物、人生ゲーム会議などなど、それらがひと区切り致しました。

暑い日でしたが、アルプスもくっきりと見え、中川村を満喫していただいたのではないかと思います。

10回目の記念大会ということで、さまざまな企画を練らせていただいたわけですが、果たしてどんな風に参加者の方々に映ったのかは、書いていただいたアンケートや、ネットの書き込みなど拝見しながら、検証していきたいと思っています。

全国からこの中川村に集まっていただいたランナーの皆さんは当然のことながら、身近なところで、労力を惜しまず、ひたすら協力をし続けてくれた、家族や親せき、会社の仲間や近所の方々にも深く頭を下げたいと思います。

本当に、皆さんありがとうございました。

20170505_092538

20170505_114449

20170505_114628

20170505_115034

ナカハマ前夜

朝から前日準備です。

昨日、会場へと搬入した資材を整理しながら、メイン会場の準備を着々と進めていきました。

昼からは前日受付が開始され、約800人の方が来場してくださいました。

Tシャツやトートバックの売れ行きも好調で、当日の分がなくなってしまうくらいの勢いで買っていただきました。

本当にありがとうございます。

音楽祭も開催され、ゲストの横溝さん、弘山さんも到着し、明日はいよいよナカハマです。

もう、何も準備しなくて良いのだ、という解放感も少しある中で、いやいや明日の本番こそ、気合を入れて頑張らなければ、と気持ちを引き締めているところです。

寝坊しないように、目覚まし時計をしっかりかけて、朝に備えたいと思います。

20170504_094249

20170504_094256

20170504_170357

 

 

会場準備が始まりました

大会2日前となり、ついに会場の準備が始まりました。

村内にいくつか分かれた倉庫から、様々な資材を会場に持ち込むことから始まり、道路上の様々な看板の設置、給水所の物資の整理、受付時に配布するチラシ類の封入、受付やくじ引きなどの会場設営、駐車場のライン引き等々、決して多くはないメンバーにより、早朝から夕方薄暗くなるまで準備が続きました。

村中を、何度も何度も行ったり来たりしました。

新しく作製したキロ表示看板もお披露目され、風にも強いことが実証されました。(写真の、コーンの中の木材の元にはコンクリートブロックがついているのです)

時間との戦いでもあり、忙しく準備する中にも、実行委員も一様に楽しげです。

明日はメイン会場の装飾を主に行い、12時30分からは、いよいよ前日受付が始まります。

この日を楽しみにしてくださっている全国のランナーの皆さんが、ついに中川村へお越しくださる日がやってくるのです。

もー、嬉しすぎですね!!

20170503_091417

20170503_145315

20170503_145324

 

くじの券を箱に入れました

ナカハマの一つの目玉として、受付後のくじ引きがあります。

空くじなしの抽選で、いろいろなものが当たります。

会場が少し渋滞してしまうのですが、参加者の皆さんにとっては楽しい時間なのではないでしょうか。

今回用意したのは28品目。

特別に高額商品があるわけではありませんが、使い道のある品々ばかりです。

中には、あっと驚く商品も隠されています。

そのくじの券を、折って箱に入れる作業を行いました。

10人くらいで作業をしたのですが、3500枚をランダムに分けて折って箱に入れるという一見楽勝な作業でも、そこそこの時間がかかりました。

明日からいよいよ本格的に会場やコースの設営が始まります。

ついに今年もここまで来たか、そんな思いでいっぱいです。

20170502_205325

 

養命水が届きました

大会の協賛企業である養命酒製造さんから、養命水が届きました。

第1回大会から、参加者数の「水」をいただいています。

ゴール後に、手渡させていただくものになります。

今年はこの他に、「ハーブプラス」という栄養ドリンクと、「ビネガーカクテル」というお酒も養命酒さんからいただきました。

本当にありがとうございます。

連日、いろいろな物が搬入されて、いよいよ感がさらに増してきています。

大会当日はあちこち回らなければならず、個人的に、一番楽しいのは、前日受付でグッズ販売をしている時間です。いろいろおしゃべりさせていただきながら、Tシャツやらトートバッグやらを、早く皆さんにお勧めしたいと思っています。

20170501_104859

連日の作業

今日も朝からさまざまな準備を行いました。

給水所の水を入れるタンクの洗浄、給水所の講習会、受付後のくじ引きの景品の整理、人生ゲームのポリ袋への封入、ボランティアの皆さんへの資料届け、その他細かな印刷物の作製、などなど、昼ごはんを食べている時間も惜しいくらいに準備を進めました。

試走されている方もチラホラいらっしゃって、いよいよだな、と実感が湧いてきました。

準備できる時間も本当に限られてきました。

やり残しのないように、精一杯頑張りたいと思います。

デザイナーさんによる公式Tシャツとは別の、実行委員プロデュースの面白文字Tシャツも出来上がりました。

なぜか自分たちが、早く着てみたくなるTシャツになりました(笑)

1493561897384

道路清掃を行いました

今日は大会前恒例の道路掃除です。

コースの全体を、いろいろな道具を持って、草や、落ち葉、土などを撤去していきました。

かなりの重労働です。

天候が良かったので快適でしたが、結構フラフラになりました。

その後、新しいキロ表示看板を完成させ、さらに人生ゲームのお札の組み込み作業を行いました。

少しずつ、残された作業が減ってきましたが、もう日がないので、その日のうちにできることは、なんでもやっておかなければなりません。

明日もまた、準備作業が続きます。。

20170429_085628

20170429_090842

本日の作業

作業のため、夜に実行委員会を開きました。

バスツアーの方へのナンバーカードの区分け、現地直行の監察ボランティアの皆さんへのTシャツ等の区分け、それから人生ゲームのお札の組合せと封入を行いました。

人生ゲームの封入作業は、想像以上に時間がかかる仕事で、約2時間みっちりやっても、まだ10分の1くらいしか完成しませんでした。

これは明日以降、急ピッチで毎日やらなければなりません(汗)

帰宅してからも、まだまだ印刷は続きます。

皆さんに書いていただくアンケートや、スタート付近の地元の皆さんへのお騒がせに関するお詫び文書の印刷です。

プリンターも、いよいよ寿命が近いのか、調子が悪くなってきてヤバい感じです。

とりあえず、あと1週間、頑張って欲しいものです。

まだまだ寝られない。。。

20170428_204652