信州なかがわハーフマラソン公式サイト

おもてなしの心を大切に、日本で一番温かいマラソン大会を目指します。

TEL.0265-88-2446

〒399-3802 長野県上伊那郡中川村片桐3940
有限会社シナノ体器内 実行委員会事務局

2015年

今夜も印刷です

ボランティアの皆さんに配布する資料の印刷が進んでいます。

夜な夜な、仕事から帰って印刷しているのですが、全体の3分の2を越えました。あと1週間ほどで完成させなければなりませんが、ここからが大変です。

部屋は紙の山、廊下は使い終わったトナーの山です。

ここ数日、天候が悪いので、裏面を印刷すると、紙が少しシワになりますが、そこは愛嬌ということで。。

20150409_224944 20150409_230041

実行委員会開催しました

今日は朝から中川村も冷え込み、起きてびっくり、雪が降っていました。

寒い一日ではありましたが、今日も準備が進みます。

昼には、スタート地点に音響設備を設置してくださる業者さんが下見にやってきて、現地の下見をしてくださいました。

夕方には、交通規制の予告看板を村内各所に設置しました。

そして夜には、実行委員会を開き、主にボランティア名簿の作製を進めました。実行委員が各担当のボランティアに声をかけた結果を持ち寄り、今年の参加の可否を整理して、配置を決めていく作業です。地道ながら、一番骨の折れる作業です。

そして持ち帰りの宿題で、なかはマンがデザインされた紙の応援旗作製を自宅で進めることになりました。当日の配布の前に、この旗は村内に全戸配布されます。

それ以外にも、手分けで様々な箇所へ申請書を提出に行ったり、必要な備品の購入手続きをしたりなど、どこが本業なのか分からないほどに活動しています。

少しずつですが、準備が前進していくにつれて、メンバーの士気も高まり、ワクワク感も増してきています。

20150408_113215 20150408_184703 20150408_193412 20150408_221811

なかは饅頭

大会公式グッズに、「なかは饅頭」があります。

村内のスイートショップ「しまや」さんに作っていただいている小さな可愛らしいお饅頭で、黒豆ときなこ味の甘いお饅頭です。

今日は、大会当日に販売する「なかは饅頭(別名KUROKINA)」の注文に行ってきました。

600ヶの注文です。

大会では、1個60円で販売しますが、人気も定着し、毎年まとめ買いをしてくださる参加者の方も多くいらっしゃいます。

パッケージも可愛らしく、なかはマンも小さく印刷されています。

会場で見かけましたら、ぜひお買い求めください。

とってもおいしいですよ。10個買っても600円です。

 

と、宣伝したら、なんだ600個では足りなく感じてきました。。

明日もう少し増やしに行ってこようかしら。。

IMGP7810

今日の中川村

今日の中川村は曇りでした。

スタート地点と、すぐ脇のゴール地点周辺にも、桜が満開です。

こんな、曇りの日の写真を撮ってしまうと縁起が悪いかもですが、散ってしまう前にと、撮ってみました。

スタート直後の牧ヶ原橋には、大会直前に「鯉のぼり」が飾られます。ゴール地点にはレッドカーペットとエアアーチが設置されます。

桜の花以上に、華やかな会場を作るわけですが、早くその日が来ないかな、と、毎日が楽しみで仕方ありません。

20150406_121514 20150406_121603

 

大会1か月前です

気が付けば、4月ももう5日。大会のちょうど1か月前となりました。

中川村では、今ちょうど桜が満開で、春真っ盛りといったところです。毎年、この桜が5月5日まで咲いていてくれたら。。と叶わぬ期待を抱いたりするのですが、1週間ほどで散ってしまい、5月は新緑の季節となります。

ハーフコースの5.5キロ地点に、大草城址公園という桜の名所があります。

高遠ほどの知名度はありませんが、口コミ等で年々観光客が増え、また駐車場の大渋滞が起こるようなことも少なく、桜見物の穴場として人気を博しています。

来週の日曜日、12日には、咲く楽市(さくらいち)という祭りが開催されますが、今年は開花が早く、関係者もすでに残念がっているところです。

興味のある方は、マラソンコースの下見を兼ねて、この咲く楽市にもいらしてみてはいかがですか?

7 thumb5

フィニッシャータオルのデザイン

ナカハマで恒例となっているフィニッシャータオルのサンプルが届きました。

本来、当日までのお楽しみ、といきたいところですが、特別に公開しちゃいます。

シンプルなデザインですが、チラシやポスターにも使用されている、輪と輪が重なり、8回を表現している素敵なタオルです。

特大サイズで、肌触りも柔らかく、いい感じです。

ランナーの皆さんも、ボランティアの皆さんも、毎年楽しみにしてくださっている参加賞です。

20150404_220845

準備が加速しています

本業の合間に、今日も様々な準備を行いました。

販売用のTシャツの注文、ナンバーカードのデザイン作成、机やカラーコーンの追加購入、トランシーバーのレンタル依頼、おにぎりの手配、その他参加者からの電話対応や、資料の印刷などなど。

例年のことではありながら、毎日少しずつ前進して、準備を固めていかなければなりません。

「明日やろーっと」では、危険な状態になってしまいますので、思いついたことは即行動が肝心です。

参加者数が確定しないと準備が始められない部分もあり、少しでも早い確定が望まれるところです。

計測工房さんとの打ち合わせ

第1回大会より、ナカハマの計測でお世話になっている計測工房さんが打合せに訪れてくださいました。

これから1か月間の様々な業務のスケジュールについて、ランチをしながら情報交換させてもらいました。

昨年の大会では、途中棄権者や代理出走者が入賞タイムに絡むような出来事があり、その辺りの対策について、じっくりと話をさせていただきました。

その一方で、「あ・うん」の呼吸のようなものができてしまっている間柄でもあり、夏の伊那市のどろんこサッカーに一緒のチームで出ましょうか?とか、フェイスブックの投稿について盛り上がったりなど、打合せとはいえ、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

計測工房さんについては、ナカハマスタッフも全幅の信頼を置いていますので、もう任せておけば何の心配もいりません。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

20150402_120309

4月となりました

1月12日から開始されたナカハマエントリーがようやく終わりました。

まだ、正確な人数は集計中ですが、最終日に定員3500名を少し上回り、目標通りの人数となりました。

なぜか気分も少し落ち着いた感じです。

4月になり、一気に準備も加速していくわけですが、現在の最大課題はボランティア集めです。

昨年、携わってくださった方を中心に、電話や直接の挨拶回りをしながら名簿を埋めています。

ボランティアの皆さんの中にも、毎年のイベントを楽しみにしてくださっている方も多く、「今年は仲間をもう少し増やして給水所に行くからね」なんて言ってくださる声を聞いたりすると、涙が出そうになります。

合わせて、17日に実行委員とボランティアの方の全体会議を開催する予定ですが、そこで配布する資料の印刷も進められています。

毎日が時間との戦いです。

今年の大会の一番の願いは晴れること!

それだけを願って、準備頑張ります!!

実行委員とボランティア

いよいよエントリー終了まであと2日となりました。

募集の士気が下がったわけではないのですが、静かに、そして着実にエントリー数が伸びる中で、ドカンと大きな宣伝をして突然終了!としなくても大丈夫かな?という雰囲気があり、静観の姿勢で今日までやってきました。

恐らく、明日辺り定員となる見込みで、最終日に少し伸びて、約3600名ほどのエントリーとなる様子です。計ったように見込んだ人数となり、早期終了による別の事務作業や、悲しい思いをされるランナーの方が発生しなかったことに、胸をなでおろしています。

さて、今年で8回目となるナカハマですが、今までの蓄積から、準備も簡単に行える部分ができてきた半面で、コアとなる実行委員スタッフの中にも、生活環境の変化の中で、実行委員ができない、という方も出てきています。

ナカハマは、12の部署で構成され、それぞれに部長が設置してあるのですが、兼務することはなかなか難しく、また、欠員が出ても新しいメンバーとして活動してくださる方もすぐには見つからない現状もあり、頭を悩ませています。

ボランティアの皆さんも、例年350名ほどの村民の方をお願いしているのですが、ゴールデンウィークということや、高齢化が進む中で、今年はもう、という方も少しずつ増えています。

マンネリ化とは違った意味で、ナカハマの運営サイドも一つの壁にぶつかっていると言ってもいいかも知れません。

それでも、私たち「中川ランナーズクラブ」の元気の続く限りは、ここまで成長したイベントの灯を絶やすことなく、知恵と工夫でますます盛大なイベントとして継続させていくつもりです。

 

さて、毎年のこの時期の恒例作業の、ボランティアの方へ配布する運営マニュアルの印刷を開始しました。4月17日に実行委員とボランティアの方の合同会議を開催予定ですが、そこで配布する資料です。

すべての部署の細かな作業について網羅されている、ナカハマのすべてが載っている資料です。

全76ページ。各360部。印刷業者さんに依頼することなく、私の自宅での印刷です。

自宅が印刷工場となり、夜中までプリンターの音が響く毎日が始まりました。

4月15日完成目標です。

睡眠不足との戦いです。

2015-03-29 17.56.00

20150329_165605