信州なかがわハーフマラソン公式サイト

おもてなしの心を大切に、日本で一番温かいマラソン大会を目指します。

TEL.0265-88-2446

〒399-3802 長野県上伊那郡中川村片桐3940
有限会社シナノ体器内 実行委員会事務局

04月

受付後のくじ引き

ナカハマの特徴の1つに、受付後の「空くじなし」のくじ引きがあります。

個人や協賛企業の皆さんからいただいた様々な品物を、くじ引きによって当ててしまおうという企画です。

第1回目の参加者は800人程度でしたので、景品集めも、当日のくじ引きにかかる時間も、流れの中でさほど大変なことではありませんでしたが、今や参加者3500人。スムーズに景品渡しを行うことは、結構大変だったりします。

けれど、それは楽しい時間であり、何々が当たった! と喜ぶ皆さんの顔を見ることが、スタッフの喜びでもあったりします。

今日はその「くじ」の印刷を行いました。

裁断をして、折り曲げて、いくつかあるくじの箱に入れて完成です。

このくじには、実はダブルチャンスがあり、当日その場で品物が貰えるのに加えて、中に、秋の味覚が発送されるラッキーな当たりくじのついているものが50枚程度あります。

箱入りのリンゴや梨、ブルーベリー、そしてなんと、中川村の松茸が当たる方も3人いらっしゃいます。

是非楽しみに、大物を狙っていただきたいと思います。

 

会場では、くじ担当の、気のいいおっちゃんがいます。

声を掛けると、何かおまけしてくれるかも知れません。ここだけの話ですが。。(笑)

(ウチのおやじですけどね。)

20160430_222932

 

 

 

コースの清掃を行いました

今日は朝から実行委員で集まり、コースの清掃を行いました。

大きな草や枯れ葉、土や小石などを、丹念にコース外へと除去していきました。

試走されているランナーの方もチラホラ。「頑張ってください!」と声を掛けさせていただきました。

まだ大会まで、数日ありますので、メイン会場周辺の掃除は改めて行いますが、それでも重労働であり、とっても疲れました。

 

また、給水所ボランティアのリーダーの方にも集まっていただき、講習会を開きました。例年携わっていてくださる方も多く、逆にアドバイスをいただいたりしながら、前日・当日の打合せを入念に行いました。

給水所の方曰く、自分たちの給水所を目指して駆けてくる大集団が見えた時、恐怖に近いものを感じるそうです。

私はいつもスタート地点にいるのですが、スタートを見送るとき、2400人ものハーフの部のランナーが走り去っていくのを見ると、10人にも満たない各給水所の皆さん、大丈夫かな?と本当に心配になります。

村人にとって、2400人とはものすごい数の人ですからね(笑)

実際、恐怖、なんでしょうけれども、「うおーーーー! 来てみろやーーー!」みたいなガッツが湧いてくる瞬間でもあるんだろうと思います。

頼もしい給水所係のみなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。

20160429_083920 20160429_085427 20160429_095935 20160429_130540

 

 

 

実行委員会開きました

連日、様々な準備が進行し、また様々な資材が届き、いよいよラストスパートになってきました。

本日は、夜に実行委員で集まり、2つほど作業を行いました。

1つ目は、東京と名古屋からバスツアーでいらっしゃる方用の、チラシの封入作業です。

バスツアーの方は、バスの中で受付をさせていただくのですが、事前に旅行会社さんにゼッケンやチラシの封入物を発送する必要があるのです。

ツアーの方は60人ほどですが、本日刷り上がったプログラムを始め、観光マップや企業のチラシを封筒に入れ込みました。

もう1つの作業は、当日自宅の近くでその時間だけ監察員をしてくださる現地直行ボランティアの方に、プログラムや監察員用のTシャツを事前配布しなければならず、その区分け作業を行いました。

ボランティアの方には、最初のお願いと直前の資料等の配布、そしてお礼状渡しと、すべての方のところに最低3回は回らなければなりませんので、それだけでもかなりの時間がかかります。

その後、簡単に情報交換をしたりして、今日の実行委員会は終わりました。

いよいよ週間天気予報も発表され、5/5は現在のところ晴れマークです。

直前の準備には降られそうですが、雨上がりの、澄んだ空気の中のアルプスは絶景です。

最高の状態で、景色を眺めていただけたらいいなあ、と、毎年思います。

20160428_194653 Screenshot_2016-04-28-22-49-22

 

養命酒製造株式会社さん

ナカハマの特別協賛社さんの1つに、養命酒製造株式会社さんがあります。

毎年、「養命水」というアルプスの水を無償提供していただき、ランナーの皆さんへゴール後に配布させていただいています。

参加者の増加と共に、提供本数も増え、負担を増大させてしまっているのですが、本当にありがたい限りです。

そんな養命酒製造さんが、「養命水」に加えて、「ハーブプラス」というビタミンドリンクを、今年は提供してくださることになりました。しかも参加者全員分の本数です。

ハーブ系の生薬と、ビタミン、そしてなんとタウリンも300mg入っている驚きのドリンクです。

今日はまず、その「ハーブプラス」を持ってきてくださいました。

養命酒さんの栄養ドリンク。。

養命酒の味がするのかな??  と、内緒で1本くすねて飲んでみました。

大会の準備で疲れもたまってきていたのですが、突然元気が出てきました。

しかも、おいちー!

これは、是非皆さんに早く飲んでいただきたい1本です!!

main yomeishu-1

 

交通安全協会の皆さん

大会が近付き、資材の到着が始まりました。

今日は紙コップが到着です。ナカハマでは、42000ヶの紙コップが準備されます。参加者一人につき、ちょうど12個の計算になりますね。

 

夜は村の交通安全協会の皆さんへの説明会を開きました。主に駐車場や道路監察員をお願いすることになります。

説明を一通り終えた後の質疑応答では、9回目にしても、まだまだ改善が求められる部分もあり、私たちが気づかないような面で、様々なアドバイスを頂戴しました。

ランナーの皆さんを守る前に、まず監察員の皆さんを看板やカラーコーン、あるいはチラシや告知で当日スムーズに仕事をしていただけるように、守らなけれならないのだと痛感致しました。

村の主催のイベントであれば、安全協会の皆さんも使命感を感じて積極的に業務をこなすのであろうと思うのですが、私たち有志の企画するマラソン大会に、貴重な時間を割いて協力してくださる姿には本当に頭が下がります。

時間のある限り、危険な目に遭わないよう、しっかり準備をしていきたいと思います。

20160426_103122 20160426_192422 20160426_192430

 

村のうどん

村内の島崎さんという方から、ナカハマで販売してみましょう、と、自家製の小麦で作った、うどんが持ち込まれました。

農薬・化学肥料を一切使用していない、完全な有機栽培の小麦が原料です。

奥様の手書きのラベルが、実に可愛らしいです。

なかはマンも、絵本の登場人物のような愛くるしさで描かれています。

昨年は、有機栽培の「お米」を持ってきてくださり、「なかは米(まい)」として限定10個で販売させていただきましたが、昨秋の米の収穫が今一つであったとのことで、今回は「うどん」の登場となりました。

太麺と細麺があり、どちらも限定6個。計12袋での販売となります。

1つ600円です。

恐らく、中川村の純朴な味がしちゃうんだろうなぁーと思います。

わずか12個かも知れませんが、時間をかけてナカハマを楽しみにしてくださっている方がここにもいました。

気持ちのこもった「村のうどん」です。

20160425_220820

日曜日の準備作業

気が付けば大会までもう10日ほど。

休日にも準備作業が進みます。

今日はまず追加看板の作成。メイン会場の水道に設置する、飲用水看板もバッチリ出来上がりました。

次は交通規制予告看板を隣町に立て、それから村内にのぼり旗を増設しました。試走ランナーも頑張っています。

昼には村の小渋釣堀場で魚を釣って焼いて食べ、午後には職場に行って、販売用トートバッグの印刷や、コース上に設置する花のプランターに貼り付けるなかはマンステッカーを作ったりしました。参加者の皆さんへのアンケート用紙を印刷したり、グッズ販売のPOP作りもしました。

いやー、今日は随分いろんなことをしちゃいました~。

20160424_085926 20160424_101223 20160424_110105 20160424_150855  20160424_15002520160424_170527

ARES Lite

株式会社アレスさんから、ARES  GPS ランニング時計を宣伝してほしいと、チラシと共に協賛品のGPSランニング時計が1つ届きました。

チラシは参加者の皆さんに配布させていただきますが、レースでつけて走るだけで、記録が5分縮まる!! と記されています。

どうやら、GPS機能を使って、設定した距離を通過するごとにアラームが鳴り、ラップタイムを表示して、目標タイムに対してどのくらい早いか遅いかを、瞬時に把握できてしまうという優れものらしいです。

つまりランニング中のマネージャーのような存在ですね。

協賛品の「ARES Lite」につきましては、1つしかありませんが、大会にて何らかの形で1名の方に差し上げたいと思います。

さらにチラシには、「本日のマラソン大会出場者限定、ARES GPSシリーズ全品半額販売!」と書かれています。

チラシを受け取りましたら、QRコードにアクセスして、高機能ランニングウォッチをお安くゲットしてみてください。

20160422_215901 20160422_215715

来客と電話の嵐

大会が次第に近づいてきて、事務局が置かれている私の職場にも、来客や問い合わせの電話が増えてきました。

今日の午前中は、全く本業の仕事が手につかないほど、入れ替わり立ち代わり、ナカハマ打合せのために人が訪ねてきました。

村主催で、役場や教育委員会に事務局があれば、その応対が仕事になるわけですから、多少時間がかかっても特段問題にはならないのかも知れませんが、我々は有志の大会運営ですので、本業の仕事も間に合わせなければならず、とにかく焦ります。

業者さんがせっかくいらっしゃってくださっても、お茶も出せないくらいのてんてこ舞い具合です。

職場内には、マラソンと全く関係なく働いている方もいますから、業務に差し支えていると、心の中で「ごめんなさい~」と思いつつ打合せを急ぎます。

来客の方にも、「ごめんなさい~、あんまり時間とれなくて。。」と謝ります。

毎年のことですが、あらゆる人に謝りながら、大会が近付いていきます。

そんな中でも、参加者の皆さんから、さまざまな問い合わせの電話を頂戴するのですが、最後に「当日はお世話になります」「すごく楽しみにしています」なんて言葉をいただくと、そんな焦りが一気に吹き飛んで、よおし、もうちょっと頑張ろう!という気持ちになってきますね。

 

 

限定10枚Tシャツ

ナカハマスタッフがノリでデザインしたTシャツが刷り上がりました。

皆さんの目には、どう映るのでしょう??

限定10枚です。

デザインした本人は、売れる気満々でした(笑)

20160421_164047