信州なかがわハーフマラソン公式サイト

おもてなしの心を大切に、日本で一番温かいマラソン大会を目指します。

TEL.0265-88-2446

〒399-3802 長野県上伊那郡中川村片桐3940
有限会社シナノ体器内 実行委員会事務局

04月

コロナウイルス

今年も5月5日が近づいてきました。

アイアンギアさん、noraさん、温かいコメントをありがとうございます。

現状、中川村内でコロナ陽性の方は確認されておりませんが、長野県内でも少しずつ感染者数が増加しており、住民も戦々恐々としています。

小さな会議でも中止となり、春の祭りもほとんど中止、夏の村祭りも中止が決定されています。

陣馬形キャンプ場も閉鎖されており、旅館の望岳荘も営業を停止しています。

コロナが広がりを見せ、国内のマラソン大会の中止決定が始まった初期の頃は、1ヶ月もすれば落ち着くのかな?などと安易に考えていました。ナカハマを中止とさせていただいた第4回大会のことを懐かしく思っていたりもしたのですが、いまだに拡大の一途をたどる現状から既成概念は覆され、「走る」ことよりも、「生きていく」ことを考えなければならない世の中になってしまいました。

公式ナカハマが終了してしまった現在でも、中川村を走りたいと思ってくださる方がいらっしゃるのは、この上ない喜びです。5月5日にランナーの姿をお見掛けすれば、私たちも駆けつけて声援を送りたくなります。ぜひいらしてください、と声を大にして言いたいところです。

ですが。。。。

今年は、いや今年こそ、それぞれの自宅のごく近くで、少しジョギングをしてナカハマを偲ぶ、というスタイルがよいのではないかと思います。

「迷惑なので来ないでください」 ではありません。

「行き帰りにご自身が感染するかもしれず、そんな危険を冒さないでください。」という気持ちです。

 

コロナが落ち着きさえすれば、いつでも中川村にいらしてください。

いつでもおもてなし致します。

「おもてなし部長」も体力が随分落ちてしまいましたが、またゆっくり皆さんにお目にかかれる日を楽しみにしています。

 

この難局がいつまで続くのか実際分かりませんが、今は耐えて、それぞれの持ち場で頑張っていきましょう!