信州なかがわハーフマラソン公式サイト

おもてなしの心を大切に、日本で一番温かいマラソン大会を目指します。

TEL.0265-88-2446

〒399-3802 長野県上伊那郡中川村片桐3940
有限会社シナノ体器内 実行委員会事務局

大会から一週間

大会から一週間

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので、大会から一週間が経ちました。実行委員はいまだ各方面へのお礼の挨拶に追われていますが、村はすっかりいつもの平穏を取り戻しています。

先週末に開かれた実行委員会では、各人から様々な反省点が出され、早くも次回に向けて、時間をかけてじっくり練っていかなければならない課題もいくつか出されました。

皆さんに書いていただいたアンケートも読ませていただき、参加者が増えるごとにそれまでのやり方では通用しない点があるのだなぁと痛感致しました。

頑張りたいと思います。

そんな中で、ナカハマがずっと合言葉にしている「おもてなし」という言葉が、議題に上がりました。今や全国的に使われている「おもてなし」という言葉ですが、私たちから参加者への一方通行の言葉のような感じがするというのです。大会も回を重ねることで、村の人たちからも、特に高齢の方などは、毎年応援を楽しみにしている、とか、ランナーの皆さんから元気をもらっているとか、様々な感想が聞かれます。

それは、よく考えると、来てくださって、私たちにも「ありがとう」という気持ちがある、ということなのです。

ナカハマは、「おもてなし」の第一段階から、双方向への「ありがとう」の第二段階へと成長してきたのだと思います。

「一期一会」とか、「おかげさまで」とか、「みんなが笑顔」とか、そういった意味の、「おもてなし」に代わる新しいキャッチフレーズを、ナカハマは次回までに掲げる予定です。

8回大会まで、あと358日です。

« »

コメント

  • ニモ より:

    なるほど、
    新しいキャッチフレーズ楽しみにしています。
    キャッチフレーズは変えても、コース設定は変えないでね。
    8回大会まで、あと356日
    あの坂を克服できるようトレーニングを積んでまいります。

    • ナカハマスタッフ より:

      ニモ様
      ナカハマのハーフコースは、リベンジしたいとおっしゃる方が多いですね。坂は確かにキツイのですが、100%無理、というわけではなく、頑張り方を工夫することによって、充分克服可能なコースです。それはガリガリ君の誘惑との戦いでもありますが(笑)
      当面は、コース変更の予定はありませんが、10回大会でサプライズで、10年に一度しか走れないスペシャルコース、なんていうのもあるかも知れません。
      キャッチフレーズの案がありましたら、また知らせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>