信州なかがわハーフマラソン公式サイト

おもてなしの心を大切に、日本で一番温かいマラソン大会を目指します。

TEL.0265-88-2446

〒399-3802 長野県上伊那郡中川村片桐3940
有限会社シナノ体器内 実行委員会事務局

実行委員とボランティア

実行委員とボランティア

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよエントリー終了まであと2日となりました。

募集の士気が下がったわけではないのですが、静かに、そして着実にエントリー数が伸びる中で、ドカンと大きな宣伝をして突然終了!としなくても大丈夫かな?という雰囲気があり、静観の姿勢で今日までやってきました。

恐らく、明日辺り定員となる見込みで、最終日に少し伸びて、約3600名ほどのエントリーとなる様子です。計ったように見込んだ人数となり、早期終了による別の事務作業や、悲しい思いをされるランナーの方が発生しなかったことに、胸をなでおろしています。

さて、今年で8回目となるナカハマですが、今までの蓄積から、準備も簡単に行える部分ができてきた半面で、コアとなる実行委員スタッフの中にも、生活環境の変化の中で、実行委員ができない、という方も出てきています。

ナカハマは、12の部署で構成され、それぞれに部長が設置してあるのですが、兼務することはなかなか難しく、また、欠員が出ても新しいメンバーとして活動してくださる方もすぐには見つからない現状もあり、頭を悩ませています。

ボランティアの皆さんも、例年350名ほどの村民の方をお願いしているのですが、ゴールデンウィークということや、高齢化が進む中で、今年はもう、という方も少しずつ増えています。

マンネリ化とは違った意味で、ナカハマの運営サイドも一つの壁にぶつかっていると言ってもいいかも知れません。

それでも、私たち「中川ランナーズクラブ」の元気の続く限りは、ここまで成長したイベントの灯を絶やすことなく、知恵と工夫でますます盛大なイベントとして継続させていくつもりです。

 

さて、毎年のこの時期の恒例作業の、ボランティアの方へ配布する運営マニュアルの印刷を開始しました。4月17日に実行委員とボランティアの方の合同会議を開催予定ですが、そこで配布する資料です。

すべての部署の細かな作業について網羅されている、ナカハマのすべてが載っている資料です。

全76ページ。各360部。印刷業者さんに依頼することなく、私の自宅での印刷です。

自宅が印刷工場となり、夜中までプリンターの音が響く毎日が始まりました。

4月15日完成目標です。

睡眠不足との戦いです。

2015-03-29 17.56.00

20150329_165605

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>