信州なかがわハーフマラソン公式サイト

おもてなしの心を大切に、日本で一番温かいマラソン大会を目指します。

TEL.0265-88-2446

〒399-3802 長野県上伊那郡中川村片桐3940
有限会社シナノ体器内 実行委員会事務局

第4回大会の記録
このエントリーをはてなブックマークに追加
信州なかがわハーフマラソン ~みんなで気持ちを届けよう~

東日本大震災において被災されました皆様におかれましては、心からお見舞いを申し上げますと共に、一日も早い復興を深く祈念致します。

第4回信州なかがわハーフマラソンは、実行委員会での協議の結果、中止とさせていただきました。代替イベントとして標記イベントを企画し、全国各地から、同日のランニングを通じて被災地へと復興祈念のメッセージを発信しました。

         




開催中止についてのお詫びと代替イベントについて
第4回信州なかがわハーフマラソンにエントリーいただいた皆様には、下記のお詫び通知と、返金等をお伺いする意向調査のハガキ、さらに代替イベントへ参加していただく際のミニゼッケンを送らせていただきました。
   第4回信州なかがわハーフマラソンにエントリーされた皆様へ

代替イベントの概要
①5月5日に、自宅の周辺など、ご自分の可能な限りランニングをしていただきます。(ミニゼッケンをつけて)
②その日何km走ったかを、送付させていただいたハガキに明記して、事務局へ返送していただきます。
③皆さんで走った合計走行距離が、中川村から被災地までの距離に届くことを目指します。
④終了後、参加いただいた皆さんの気持ちを乗せて、被災地へと義援金を送金させていただきます。

イベント参加者名簿と走行距離
中川村より、県内の栄村を経由し、東日本大震災で被災地となった東北の岩手県付近まで約850kmと計算されます。
イベントに賛同し、ご参加くださった皆様の走行距離は以下の通りです。
   イベント参加者の走行距離

義援金の送金方法
エントリーいただいた皆様の善意によりご了承いただいた参加料の一部は、当大会の共催、中日新聞社様から、中日新聞社会事業団を通じて東北の被災地へ、また栄村の義援金受付窓口から栄村へ、義援金として送金させていただきました。

その他
準備中